スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.12.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

十一月二十九日 武長

こんにちは。

ひょっとしたら、はじめましての方もいらっしゃるかと思います。

この度、制作として参加させていただいております武長慧介と申します。

以後、お身知り置きください!



前回の稽古日誌にて、竹内さんも話題にあげていらっしゃいましたが

ページェントの点灯式も間近に迫ってきていますね。

(注)稽古日→11/29 日誌執筆日→12/4 ずっと日誌止めててごめんなさい!!あわわ

私事ですが、昨年の冬はバイトで客引き(キャッチ)をしておりました。

年末ともなると、平日であってもなまじ人通りは多いものでして、

したがって、我々客引きたちも店長からの熱い期待を背負って、寒空の下に放り出されるわけです。

ただ、道行くカップルに声を掛けども掛けども玉砕。お洒落なBARへと消えていきます。

迫りくる寒波、空腹、そして店長からの「ラブコール」 埋まらない客席…

不意に全てに嫌気が差してしまう時もありました(連日)

そんな折に、ふと定禅寺通り沿いに足を伸ばしてみると、

あの目映い光が私の心を癒してくれたものでした。「ああ、生きてれば良いことあるよね」と

しかし、少し視線を降ろせば視界にはリア充の群れ…(悶絶)

差し引きマイナスで精神を削られて、とぼとぼと仕事場へ戻る私なのでした。



あ、どうでもいいこと書きすぎちゃいました。てへぺろ



さてさて、私が初めて稽古場に伺った11/29の稽古日誌、本題です。

稽古場(6ホ)に行くと、既に舞台装置が仕込まれており、壮観でした!

ネタバレはNGかと思いますが、何といっても「お豆腐」に要注目かと…(意味深)

この日は、役者さんが各自のペースでじっくりアップしていました。

6ホはやっぱり寒いので、しっかり体を温めておきたいですよね!(軽)

それから、すぐにシーン稽古へ。後半〜ラストにかけてのシーンを中心に進めていきました。

誰が何者なのかもイマイチわからない状態で拝見しましたが、「おお!」っと惹きつけられる空気感でした。

気まずさとか、雰囲気の淀みとか…。でも素直な感じがしました。

あくまで、初見の印象ですが(笑)

演出曰く「ラスボス臭がする…」というシーンの本合わせも行いました。

台本を読んでいるだけでは出し切れない感情、会話感があったり、セリフ自体にも演出、役者の両者が違和感を感じていたりと

これからどんどん進化する予感。楽しみです。



どのくらいまで具体的に書こうかなーとか考えてたら、本題がこれほどコンパクトになっちゃいました。

私はなかなか稽古場行けない日々が続きますが、みんなでファイトです。



それでは、失礼します。

1

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links