スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.12.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

12月11日 第一回通し

どうも、演出です。

12月11日、公演十日前、初通しを行いました。



音響、照明、役者、小道具、衣装。テクニカルな流れの練習でもある通し。

そして物語を最初から最後まで味わう場でもある通し。

演出も言わずもがな緊張しました。これから舞台に立とうという役者やオペをしようというスタッフは私とは比べ物にならないくらい緊張していたと思います。



話のネタバレを防ぐためあまり深くは語りません。

テクニカルな問題が浮き彫りになり、スタッフワークも大詰め感が出てきました。

役者の演技もまだまだこれからを感じさせてくれます。本番までの短い期間ですが、より「迫る」演技を舞台上でしてくれるのだろうとわくわくしました。







さて、『凍雲(いてぐも)』と銘打ったこのおはなしですが、なぜ『凍雲』なのでしょう。

理由はいくつかあるのですが、今日はそのうちの一つを語らせてください。



『凍雲』、デジタル大辞泉には、読みを「とううん」として



とう‐うん 【凍雲】

今にも雪が降り出しそうな雲。また、寒々として曇っている冬空。



と表記されています。

今にも雪が降り出しそうな雲。残念なことに仙台ではまだあまりお目にかかれていません。



雪が降ると、あまり外に出なくなります。

雪が降ると、なんだかさみしくなります。

だから、誰かと手を繋ぎたくなります。

そんな冬が、私は好きです。



『凍雲』というおはなしの人々は、きっとみんな「手を繋ぎたい」人たちです。

けれども不器用で、なかなか繋ぐことが出来ない人たちです。

そんな人々のおはなしだから、『凍雲』という名前を付けました。





と、なんかとちくるっていい話をしようとした感が出てしまいましたが、今日の日誌はこの辺で。

では、また。


十二月四日鎌田友紀

お疲れ様です!

稽古日誌では初めまして...た、溜めてなんかいないんだからね!(棒

衣装チーフの鎌田です!



今回の衣装は大体が集めものということで、私服を吸い取られながらかき集めました。

自分より似合ってるのでもう全部役者にあげたくなります... 大事に着てね!!





というわけで 12月4日の稽古日誌行きましょう〜



メニュー



・アップ

・場転稽古

・3〜5景

・7〜8景

・14景



でした!





場転の稽古をしたんですが、今回の早着替えは相当大変です...役者さん頑張れ...!

私は裏でいかに迅速にお手伝いをするかを模索しますね!





ともあれ本番まで後少し...!

いい緊張感で稽古できているんじゃないでしょうか。

このまま役に真摯に向き合っていけたらいいなと思いつつ、今回はこの辺で締めますね!





ではでは〜


十一月二十九日 武長

こんにちは。

ひょっとしたら、はじめましての方もいらっしゃるかと思います。

この度、制作として参加させていただいております武長慧介と申します。

以後、お身知り置きください!



前回の稽古日誌にて、竹内さんも話題にあげていらっしゃいましたが

ページェントの点灯式も間近に迫ってきていますね。

(注)稽古日→11/29 日誌執筆日→12/4 ずっと日誌止めててごめんなさい!!あわわ

私事ですが、昨年の冬はバイトで客引き(キャッチ)をしておりました。

年末ともなると、平日であってもなまじ人通りは多いものでして、

したがって、我々客引きたちも店長からの熱い期待を背負って、寒空の下に放り出されるわけです。

ただ、道行くカップルに声を掛けども掛けども玉砕。お洒落なBARへと消えていきます。

迫りくる寒波、空腹、そして店長からの「ラブコール」 埋まらない客席…

不意に全てに嫌気が差してしまう時もありました(連日)

そんな折に、ふと定禅寺通り沿いに足を伸ばしてみると、

あの目映い光が私の心を癒してくれたものでした。「ああ、生きてれば良いことあるよね」と

しかし、少し視線を降ろせば視界にはリア充の群れ…(悶絶)

差し引きマイナスで精神を削られて、とぼとぼと仕事場へ戻る私なのでした。



あ、どうでもいいこと書きすぎちゃいました。てへぺろ



さてさて、私が初めて稽古場に伺った11/29の稽古日誌、本題です。

稽古場(6ホ)に行くと、既に舞台装置が仕込まれており、壮観でした!

ネタバレはNGかと思いますが、何といっても「お豆腐」に要注目かと…(意味深)

この日は、役者さんが各自のペースでじっくりアップしていました。

6ホはやっぱり寒いので、しっかり体を温めておきたいですよね!(軽)

それから、すぐにシーン稽古へ。後半〜ラストにかけてのシーンを中心に進めていきました。

誰が何者なのかもイマイチわからない状態で拝見しましたが、「おお!」っと惹きつけられる空気感でした。

気まずさとか、雰囲気の淀みとか…。でも素直な感じがしました。

あくまで、初見の印象ですが(笑)

演出曰く「ラスボス臭がする…」というシーンの本合わせも行いました。

台本を読んでいるだけでは出し切れない感情、会話感があったり、セリフ自体にも演出、役者の両者が違和感を感じていたりと

これからどんどん進化する予感。楽しみです。



どのくらいまで具体的に書こうかなーとか考えてたら、本題がこれほどコンパクトになっちゃいました。

私はなかなか稽古場行けない日々が続きますが、みんなでファイトです。



それでは、失礼します。

十一月二十七日 竹内

こんにちは!
制作チーフをやらせてもらっています、竹内です!

私、初の稽古日誌更新ということでやや緊張しております。
だって公演メンバーみんな真面目に書きすぎていて・・・。
もっとこう、くだけちゃっていいんじゃない?!皆さん!?

さてさて、本公演も1ヶ月を切るところまで近づいて参りましたが、それと同時にクリスマスも近づいてきましたね。
仙台では光のページェントという、全カップルが総動員する、非リアとの戦争があるわけですが、皆さんはどちら側につくのでしょうか。
「現代の関ヶ原の合戦」とも言われるこの戦い、今までリア充の全戦全勝(不戦勝)でございます。
今年こそ、数で勝る非リアが勝つことを願うばかりです。

というわけで、そんな戦争の前哨戦としての本公演です。
早速今日の内容を紹介したいと思います。

まずはじめに、「スタッフ会議」がありました。
みなさんもご存知の通り、スタッフ会議とは各セクションの進捗度合いと、これからの予定を報告し合う会です。
本番まであと1ヶ月を切った中でのスタ会ですから、各々が緊張感をもって望めたからなのでしょうか、
活発な意見交換が行われ、非常に有意義な時間を過ごせたと感じています。

その次は衣装合わせがありました。
演出のイメージに合った衣装を揃えるのになかなか苦労したようです。
僕の見た感じでは、舞台上の季節とマッチした「秋」らしい素敵な服装になったなぁと思います。

そしてこの後、ようやく稽古に入ります。
今日は時間も限られていたので、シーン稽古のみを行いました。
徐々に完成されていく舞台を見ながら、嬉しいような寂しいような、そんな複雑な心境になります。
シーン稽古の後はいつものように、役者間での真剣な話し合いが行われていて、見ている私自身も身が引き締まる思いです。

以上、本日の稽古でした〜。


さぁ本番まであと1ヶ月を切りました。
体調管理に気を配り、頑張っていきましょう!

長々と失礼しました、以上、制作チーフ竹内がお送りしました〜。
 

十一月十七日 サリー

お疲れ様です。制作のサリーです。
仕込み後初めての稽古は朝昼でした。映像ロケのため、16時まで。舞台が立つと気が引き締まりますね!みなさん、気を付けつつ張り切って稽古していきましょう!

というわけで、幾つか注意をば。
・危険なので、舞台上では内靴を履くこと。
・客席は飲食可ですが、汚したらナグリでぶん殴ります。
・舞台上は飲食厳禁です。万一飲食した場合、ナグリでぶち殺します。
・舞台上にベニヤが張ってありますが、剥がれる危険性があるので、つらは踏まないように。
・客席の、衣装室側のパネルは、固定はしてありますが危険なので寄っ掛かったりしないように。
・とうふちゃんこと机は壊れやすいので、これまで通り、体重をかけないこと。

これくらいかな?みなさんこれまでの公演でわかってると思うので、気を付けてください。

【アップ】
いつも通り40分間アップです。朝ですし仕込み明けですし、体固かったかと思います。マッサージもしました。同じ理由で、効きましたね。

【身体の追いかけっこ】
恒例のWSです。この間に台本の続きを印刷してきました。52ページ、12景までです。今日は役者さんだけに配りました。

【半立ち稽古】
《9景》
・空気感が違う
・会話のテンポが早い
・最初が日常すぎる
・2回目は1回目よりよかったけど、途中から違和感があった

時間がちょうどよかったので、12時から13時まで昼休みをとって、15分くらい体を伸ばして、昼稽古突入です。

《12景》
・佐藤が拒絶オーラを出していて、向井が一緒の空間にいれない
・はじめからお通夜テンションになっている
・ご飯が炊けるまでは自嘲を活かしてほしい

《9景》
・前半(本田帰ってちょいくらい)は前よりよかったけど、後半は前のほうがよかった

《1景》
・本田の距離が遠い
・2回目はましななったけどまだ遠い
・向井もつられてる

私は役者の演技より、台本の台詞に違和感を感じました。これはこれからの稽古で改善されていくと思うので、この台詞おかしいとか、どんどん演出さんに言ってみたらいいと思います。私も言います。

さて、あの殺しても死ななそうな演出ですら風邪を引いた模様。みなさん体調とレポートには十分注意して、本番まで突っ走りましょう!
あと、インフルエンザの予防摂取はしたほうがいいと思いますよー。
 


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links